乳がんで障害基礎年金2級、総額約110万円受給できたケース

乳がんで障害基礎年金2級、総額約110万円受給できたケース

相談者女性 (50代)/無職
傷病名乳がん
決定した年金種類と等級障害基礎年金2級 / 5年遡及
請求の種類-
年額110万円

相談時の状況

発症から2年が経過しており、手術をし左胸全切除しておられました。手術後、胸椎、肺、リンパ腫にがんが転移し、抗がん剤治療を行っている状態でした。

抗がん剤治療を行っていたため、副作用がひどく外出できる状態ではありませんでした。そこで面談はご自宅に伺い出張面談という形にしましたが、1か月のうち半月が抗がん剤治療と副作用の為、寝たきり状態となってしまうため具合の良い日に連絡をもらい、面談を行いました。

依頼から請求までのサポート

抗がん剤を3週間に1回のペースで投与しておられました。副作用がとにかくひどく、倦怠感や食欲不振、手足のしびれなどのがんの場合の自覚症状が多数みられました。

がんの場合、自覚症状がどれだけでているかが重要となります。また副作用による症状も大切です。

抗がん剤治療を行っている場合はそのペースも重要となってきますので、しっかりとこの点を病歴申立書で訴えました。

結果

障害基礎年金2級(年間支給額約78万円)を取得、5年間の遡りが認められ、総額約110万円を受給出来ました。

がんの治療はとても辛く、ご本人が動けない場合が多いのです。このような方々のためにも、私たちが代行して申請のお手伝いをさせてもらっています。