非代償性肝硬変で障害基礎年金2級、総額約160万円受給出来たケース

非代償性肝硬変で障害基礎年金2級、総額約160万円受給出来たケース

相談者男性 (40代)/自営業
傷病名非代償性肝硬変
決定した年金種類と等級障害基礎年金2級
請求の種類認定日請求(遡及あり)
総額約160万円

相談時の状況

体調が不良で、電話での相談もしんどいということでメールでお問合せ頂きました。体調の良い時のタイミングで何度かメールでのやりとりをおこなったあと、詳しくお話を伺うために無料面談に来ていただきました。

肝臓の機能の低下と食道静脈瘤により通院しているとの事でした。お仕事もされていましたが、体調に波があり、仕事が出来ない日が増え、日常生活にも影響が出ているとのことでした。

請求から申請までのサポート

症状は吐血から始まり病院にかかられたそうです。しかし半年近くも吐血の原因が分からなく、通院は継続していましたが経過観察だったそうです。肝臓機能の低下の疑いがあるという事で、専門病院にて本格的な検査を行ったところ、吐血から半年以上経過した頃、ようやく肝硬変と診断されました。ご本人は、お酒もたばこもやらないので肝臓機能の低下につながる原因がなかったので驚いたそうです。

かかった病院も2つだけでしたので、問題なく書類は揃えることが出来ました。              しかし出来上がった診断書は記入不備などのミスが多々見られ、そのまま提出してしまうと年金事務所から返戻されてしまう内容でした。そこで、障害年金を専門としてサポートさせて頂いている当事務所が主治医の先生に書類の不備の訂正・補足の依頼を作成し、きちんと直してもらう事ができました。

ご相談者様は食道静脈瘤や腹水も症状もありました。そういった現在ある症状もしっかりと診断書に記載してもらうことが大切となってきます。また、ひどい倦怠感の為、お仕事が出来ない状態であることもお伝えし診断書に反映してもらうことが出来ました。

結果

障害基礎年金2級(年額約78万円)、認定日からの遡及が認められ総額約160万円を受給する事が出来ました。