僧帽弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症で障害厚生年金3級、年額約59万円受給出来たケース

僧帽弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症で障害厚生年金3級、年額約59万円受給出来たケース

相談者女性 (30代)/パート
傷病名僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症
決定した年金種類と等級障害厚生年金3級
請求の種類事後重症請求
年額59万円

相談時の状況

人工弁を入れていれば障害年金の3級をもらえると聞いたというお問合せのお電話を頂きました。   無料面談に来ていただき詳しいお話を伺いました。

2年前に人工弁の手術を行い、現在は無理にない範囲でパートをされているとの事でした。さまざまな日常生活の制限はあるものの、軽作業で座りっぱなしの仕事なので続けられていると伺いました。

定期的な通院と、薬の服用は一生続くことから、少しでも治療の負担を障害年金をもらって軽減したいとのことでした。

申請までのサポート

障害年金において、人工弁を入れている方は3級、人工透析の方は2級、人工肛門は3級などの他にも色々と条件がありますので、まずは専門家に聞いてみて下さい。

人工弁の場合、4つの弁のうち1つでも人工弁に置き換えていれば3級に該当します。今回は3級に該当することは想定できましたので、あとは年金の納付、初診日の確認、障害認定日の確認をし条件が該当しているか調べました。

人工弁の方の場合は、人工弁を装着した日が認定日となります。本来の障害認定日は、初診日から1年6ヶ月経過した日をいいますが、その認定日が来る前に人工弁を装着していれば、その日が障害認定日と認められますので、1年6ヶ月待たずに申請できる場合もあります。

今回は障害認定日より後に人工弁を装着していたので、この条件には該当しませんでしたが、該当する場合は早めに申請すれば、受給額も増えますので手続きするといいでしょう。

 

結果

障害厚生年金3級(年額約59万円)を受給する事が出来ました。

error: Content is protected !!