双極性障害で障害共済年金3級、年額約64万円受給出来たケース

双極性障害で障害共済年金3級、年額約64万円受給出来たケース

相談者女性 (40代)/退職して無職
傷病名双極性障害
決定した年金種類と等級共済年金3級
請求の種類事後重症請求
年額64万円

相談時の状況

HPをご覧になり、お電話にてお問合せ頂きました。無料面談に娘さんと一緒にお越し頂きました。

離婚され、病気は治っていませんでしたが、生活していくために働かざる終えない状況だったと伺いました。しかし不眠やひどい倦怠感と気分の浮き沈みが激しい状態では、継続的に働くことは出来ず、障害年金を受給出来たらということで相談に来られました。

とても責任感が強く、逆にそのもともとの真面目な性格が病状を悪化させていました。そのため、思いつめて自殺未遂まで図っていました。

日常生活も娘さんの助けがあり何とか成り立っている状態で、病院も誰かに付き添ってもらわないと、一人では行けないとのことでした。

申請までのサポート

生活するため、働かざる終えない状況だったためにお仕事を転々とされていました。働けていると症状が軽いと思われてしまいがちなので、仕事をしていても職場の方とのコミュニケーションが取れていない状況であったり、週5日勤務でありながら2日程度しか出勤出来ていなかったことを文書にまとめました。

主治医の先生に診断書をお願いする際の、診断書の依頼書にこの資料も一緒に添付し、診断書に反映してもらえました。

結果

障害共済年金3級(年額約64万円)を受給する事が出来ました。

error: Content is protected !!