双極性感情障害で障害基礎年金2級、年額約78万円受給出来たケース

双極性感情障害で障害基礎年金2級、年額約78万円受給出来たケース

相談者男性 (40代)/無職
傷病名双極性感情障害
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
請求の種類事後重症請求
年額78万円

相談時の状況

通院中の病院のケースワーカーさんから障害年金制度を聞いて、自分ではよく分からなかったとのことで、お電話にてお問合せ頂きました。無料面談に来ていただきました。

ご自身で市役所の福祉課で障害年金の相談をされていました。まず年金を納めていなければダメだと説明を受け、長年病気で働けていなかったので、納めていない期間が多い事は認識していたそうです。市役所の人の説明もイマイチ分からず、本人の年金を納めていなかったという言葉だけで、それならダメですねと言われ、不信感を抱いたそうです。本当に申請出来ないのか知りたいとの事で当事務所に相談に来られました。

また症状は、とくに他者とのコミュニケーションが取れない事で仕事が出来ないといった状態でした。他者が怖い、話したくないという症状は家族にまで及んでおり、そのため家族にさえ極力会わないように生活していました。

自殺願望もとても強く、そう状態とうつ状態を頻繁に繰り返している状態でした。ひどい睡眠障害もあり、障害認定基準に該当していました。

申請までのサポート

まずは年金の納付状態をしっかりと確認しました。病状が該当していても、年金の納付条件が該当していなければ申請は出来ません。                                障害年金の申請を考える時は、病状も大切ですが①初診日要件➁年金の納付要件➂障害認定日の要件をまずはクリアしていなければ申請できませんのでご注意下さい。

年金の納付状況はやはり未納が多かったのですが、初診日の年とその前の期間は、きちんと納付されていたので、ギリギリ納付要件はクリアしていました。納付要件の条件に、初診日の前々月より前1年間に年金の未納がないことという条件があります。それをクリアしていたので申請ができました。

このように障害年金は様々な複雑な条件があり、専門家に確認してもらう事が大切です。複雑な制度のため市役所の方も熟知していない方がいる、というのが残念ながらあるのです。

精神疾患の方は長い期間、働けていない方も多く、収入がないため、年金の未納や滞納が多いケースが見られます。しかし今回のケースのように、条件に当てはまる期間だけ納付していたということもあります。まずは年金事務所にてしっかりと確認することが大切となってきます。

 

結果

障害基礎年金2級(年額約78万円)を受給する事が出来ました。

error: Content is protected !!