うつ病で障害基礎年金2級、年額約100万円受給できたケース

うつ病で障害基礎年金2級、年額約100万円受給できたケース

相談者男性 (40代)/無職
傷病名うつ病
決定した年金種類と等級障害基礎年金2級
請求の種類事後重症請求
年額100万円

相談時の状況

保険会社の担当の方から障害年金という公的制度があると聞き、当センターを紹介されてお電話頂きました。後日奥様と一緒に無料相談にお越し頂きました。

障害年金制度は認知度が低いため、このように対象である方自身がその制度自体ご存じありません。当センターは保険会社様や病院とも連携し、対象であろう方にお声かけ頂いておりますさまざまな病気が対象ですので、まずはお気軽にご相談頂く事が大切だと思っております。

請求から申請までのサポート

精神病の方は、医師が診察した症状とご自身が思っている症状が違う事が多々あります。これは普段の状況を診察時に伝えきれていない事が原因です。そうすると、診断書を作成してもらうと、実際の本人の状態よりも軽い診断書が出来上がってしまいます。

またご家族から見た本人の症状も違う場合が多いため、出来るだけ初回の相談時にはご家族の方も同席して頂いています家族からみたご本人の状態、本人からお聞きした状態の両方をお聞きして、病歴をまとめる事が精神疾患の方のポイントとなります。

これらのポイントを押さえ、相談者様に的確にアドバイスが出来る事が、社労士に依頼するメリットであると言えます。

結果

障害基礎年金2級(年額約100万円)を受給する事が出来ました。

障害基礎年金の場合は18歳未満のお子さんがいる場合加算が付く場合があります。平成28年時点では子の加算額は1,2人目は224,500円、3人目74,800円となっています。

今回の相談者様の場合もお子さんの加算が付いた年額となりました。