うつ病で障害基礎年金2級、年額約78万円受給出来たケース

うつ病で障害基礎年金2級、年額約78万円受給出来たケース

相談者男性 (20代)/無職
傷病名うつ病
決定した年金種類と等級障害基礎年金2級
請求の種類事後重症請求
年額78万円

相談時の状況

1番初めのお問合せは1年前でした。HPをみてお父様からお問合せ頂きました。1年前の時点で障害の状態は該当しておりましたが、主治医が障害年金において協力的ではなかったため、診断書を書いてもらえず申請を断念されました。この時点では当センターとの契約も一度解除しました。診療内容も違和感があり、相談者様はこのままこの病院に通院する事は良い事なのか悩まれておりました。

そこで転院という選択もあることをお話しました。病院を変える事に抵抗があったようですが、セカンドオピニオンと思って他の病院を見てみる事も悪い事ではないとお伝えしました。そして、新しい病院では今までしっかりと主治医に話せなかった出来ない事や辛い事をしっかりと診察の時にお話していって下さいと助言しました。

それから1年後に再びお電話を頂きました。病院を転院し、新しい病院にて半年経ったとの事で、主治医にも日常生活の大変な事や辛い事をしっかりとお話されているとのことでした。

請求から申請までのサポート

思い切って転院して良かったと一番初めにお話ししていました。

精神の病気の方は、最初からかかっている病院でないと自分の症状は分からない、変えてはいけないと思われる方が多いように思います。主治医の先生と合えば問題はありませんが、時には合わない、理解してもらえない先生も中にはいます。すると、自分の実際の症状とは違う軽い診断書になってしまったり、障害年金に協力的ではない態度を取られたり、先生との関係が壊れてしまう恐れがあります。主治医と相談者様の関係が壊れてしまっては本末転倒です。まずは治療第一なので、そのような事が起こらないように、場合によっては転院という選択肢があるという事をお話しています。

新しい病院ではしっかりとご本人の状態を理解され、納得のいく診断書を書いてもらうことが出来ました。

結果

障害基礎年金2級(年額約78万円)を受給する事が出来ました。

この相談者様は焦らず、1年後に再び申請されました。諦めずにまずはご相談下さい。

error: Content is protected !!