うつ病で障害厚生年金2級、年間約200万円を受給出来たケース

うつ病で障害厚生年金2級、年間約200万円を受給出来たケース

相談者男性 (40代)/無職
傷病名うつ病
決定した年金種類と等級障害厚生年金2級
請求の種類事後重症請求
200万円

相談時の状況

奥様から相談のお問合せを頂きました。旦那様のうつ病歴は長く就労できる状態ではありませんでした。お子さんも障害をおもちで、奥さまの収入だけでは厳しく、生活の為、また治療に専念する為に障害年金を受給したいとの事でした。

 

請求から申請までのサポート

初診日が10年以上前だったので、まずは病歴をしっかりと整理しました。病歴が長い方の場合は、転院などが多く病院にカルテが残っていない場合が多いです。その場合、初診日が確定出来ない事も多く。その場合は病院の紹介状やお薬手帳、当時の病状を知る方々から話を聞くなど、様々な方法で初診日を確定することが出来ます。

ご相談者様も、当時のカルテは残っていませんでしたが紹介状があったため、資料として使用することが出来ました。

また長い病歴の中で生活する為に何度も就労を経験されておりました。働いていた事実だけを見てしまうと、障害年金においての障害状態に該当しません。働いていても、ほとんど仕事は出来ておらず、職場の人とのコミュニケ―ションも取れない状態であったこと、単純作業でさえできなかったことをしっかりと診断書と病歴申立書にて訴えました。

結果

障害厚生年金2級(年額約200万円)を受給する事が出来ました。

働けない後ろめたさがあったが、受給出来きたことで、前向きに病気と向き合い治療していきたいと思えるようになったとおっしゃっていました。無理のない範囲でまた社会と繋がっていきたいとも言っておりました。

障害年金を受給をきっかけに前向きになられる方がたくさんいます。

error: Content is protected !!