発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者女性(20代)/無職
傷病名発達障害
決定した年金種類と等級障害基礎年金2級
請求の種類
400万

相談時の状況

中学生の頃から強迫行動等に加え、対人関係が悪く友人ができにくい状況で、いつも周囲から孤立しており、大学生の頃に症状が悪化し、それ以後は入退院を繰り返していた。

以前から、病院のSWから障害年金のことは聞いていたが、手続きの煩雑さに直面し、そのままとなっていたが、いよいよ症状が悪化したため、母親が相談。

依頼から請求までのサポート

主治医も協力的で、かつ母親が受診歴等についてもしっかり覚えられていたので順調に書類依頼、作成まで進めることができました。

ただし、申立書作成の段階で、本人が過去を振り返ることを極端に嫌がり、母親と協力しながら本人の調子が比較的に良い時にヒアリングを行う等の配慮が必要でした。

結果

障害基礎年金2級の決定が5年遡及し、400万円の受給が決定しました。

本人および母親も、まさか障害年金が決定するとは思ってもなく、ましてや5年遡及しての受給に対し、非常に感動されていました。

このように、まさか自分が障害年金をもらえるとは思ってもみなかったという例は非常に多く、このような方々は遡及の可能性が十分にあります。