脳梗塞で障害厚生年金2級、総額約500万円を受給できたケース

脳梗塞で障害厚生年金2級、総額約500万円を受給できたケース

相談者男性 (50代)休職してから仕事復帰し、退職
傷病名脳梗塞
決定した年金種類と等級障害厚生年金2級
請求の種類認定日遡及請求
総額500万円

相談時の状況

HPで当センターを知り、初回相談は無料であったので自分は該当するのか知りたいとの事で、奥様とご一緒に面談に来られました。

 

脳梗塞による左片麻痺のため、歩行も杖を持ち、びっこを引いておられ、生活のすべては右片のみで行うと話していました。

請求から申請までのサポート

仕事中に突然脳梗塞で倒れられていました。その時に病院をはしごしておられ、病歴を整理してもらいました。脳梗塞の場合、ご本人の記憶はありません。そのためご家族や会社の方からお話を伺う事が重要となります。また入院や手術、リハビリを行っていた場合は、その時の連絡票や診察内容が書かれてある提供書などあれば、役立ちます

 

今回の相談者様はリハビリと通院を根気よく続け、お仕事に復帰を果たしていました。そうすると傷病が治ったと思われてしまいがちですが、実際には左半身麻痺の状態では単純作業しか出来ず、社内の移動も思うように出来ていませんでした。その為仕事量もこなせず、制限のある中での作業は思った以上に大変でした。

 

このような点を病歴申立書で訴え、診断書にも反映してもらいました。実際に仕事復帰しましたが、結果的には就労困難のために退職されました。

結果