小田原で障害年金の相談なら 西湘・小田原障害年金センターへ

代表者紹介

先生のみ社会保険労務士

高橋 鋭人(たはかし はやと)

全国社会保険労務士会    登録番号  第14050032号
神奈川県社会保険労務士会  会員番号  第1412094号

資 格
社会保険労務士
行政書士
ファイナンシャルプランナー CFP                   産業カウンセラー

 

氏 名 高橋 鋭人
よみがな たかはし はやと
出身地は? 静岡県小山町で生まれ、
中学の時に小田原市へ引っ越してきました
出身校は?(高校・大学) 足柄高校
立教大学経済学部
血液型 B型
今まで経験した部活動は? 大学時代に合気道
趣味は? 歴史好き、京都好き、神社巡り、ハムスター
好きな食べ物は? グリーンカレーなど辛い物
座右の銘は? 人の経験に無駄なものはない
逆境に打ち勝つ力は勇気
尊敬する人は? 二宮尊徳、坂本龍馬 俳優の松本幸四郎
好きな本は? 「神様からひと言」 荻原浩(著)
「約束」      石田 衣良 (著)
「深い河」     遠藤周作(著)
最近の関心事は? どうすれば神奈川県西部の景気が良くなのるか
仕事をしていく上で
大切にしていることは?
自分だけではなく関わる人すべてが幸せになってほしい

【障害年金に対する思い】:紙芝居型講師

障害年金への想い

1,000万分の1。これはジャンボ宝くじの1等の当選確率と言われています。まさに夢の確率です。

600万分の1。これはロト6の1等の当選確率と言われています。だいぶ確率が上がりましたが、これまた夢の確率です。

10万分の1。これだったら何とか当たりそうな気がします。私は38歳の時に10万人に1人か2人の確率で発症する精巣癌の病気にかかりました。こんなものは当たりたくなかったです。

「癌の中では治療が効きやすく5年相対生存率は100%に近いです。」と今でこそ普通に言えますが、当時は自分の将来が真っ暗闇に感じ、人に病気を説明する時に「癌」という言葉を発しなくてはいけないのが苦痛でした。

病気になった人の気持ちはその人しかわかりません。共感はできても本当にその人の助けになるとは限りません。しかし人は生きている限り希望を持たなくてはなりません。

私にとって「障害年金」は希望でした。発病時には自営業でしたので、もし悪化しても障害基礎年金しかもらえません。30代で癌になるとは思ってもいなかったので、民間の医療保険にも入っていませんでした。

働けなくなることへの恐怖に押しつぶされそうになりながら祈ったことは、 「もし病気が治って不自由なく仕事をすることができたら、今度は病気で苦しみ不安を抱えている人のために仕事をしたい。」

ということです。これが私の希望であり、病気と闘う気力となりました。

手術から2年が経ち、障害年金を受給することもなく働くことができています。今の自分の姿を2年前の手術前夜の私に見せてあげたいです。

なので、私の目指すところは障害年金の受給だけではなく、その後、病気が平癒してまた職場に復帰、あるいは日常生活が送ることができている姿を見ることです。そのためにも、一人でも多くの病気や怪我で苦しんでいる方の相談を受け、助けになりたい。

先人の言葉を借りれば、私にとって障害年金の相談・申請に携わるということは、「心の荒地を耕す」ことであり、「一寸先は闇ではなく光であることを知らねばならぬ」ということを伝えることだと思っています。

一人でできることには限度がありますが、まずは情報を伝える。相談しやすい環境を用意するということから始めています。障害年金が皆様の希望となり、生きる力となることを願っています。


障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会 ご予約受付中!
障害年金無料相談受付中
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金案内
  • 相談の流れ
  • アクセス
怪我や病気等で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中 障害年金の専門家があなたのお宅に伺います