平塚で障害年金の相談なら 平塚障害年金センターへ

随時受付中
9時~17時
個別無料相談会
障害年金をもらうための情報はこちらをご覧ください
  • 障害年金ってなに?
  • 障害年金ってどのくらいもらえるの?
  • 障害年金ってどうしたら受給できるの?
障害年金 無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために あまり知られていない障害年金の事実!受給成功率を上げるための3つのポイント
障害年金無料相談会開催
平日 9:00~18:00
※ 土曜・日曜は応相談

小田原エリアで実施しています!

詳しくはこちら

毎月先着5名様!

皆様のご来場をお待ちしております!是非足をお運びくださいませ!

これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております!

南足柄・箱根・秦野・小田原・平塚
 
 

平塚在住で仕事中の大怪我に対して支給される要件などは?

 
例えば平塚に住んでいる60歳のお父さんが仕事中にひどい大怪我をしました。
スマホですぐ障害年金 平塚で調べてもわかりません。
どのくらいの怪我なら障害年金は支給されるのでしょうか?
支給要件はどのようなもので必要書類など請求手続きなどを詳しく知りたい。
相談できる窓口もあればと思います。
 
障害基礎年金の場合、初診日に65歳未満であることも障害認定の要件になっています。
さらに保険料の納付状況に未納がないことも必要です。(初診日からさかのぼっておよそ直近の1年間)
また障害厚生年金の場合、厚生年金加入中の怪我でないと障害厚生年金の受給対象になりません。
怪我をして病院へ行ったまでの間(初診日)加入している必要があります。
 
会社に勤めていて厚生年金に加入している場合は障害厚生年金も支給されることになります。
つまり高校卒業後ずっとサラリーマンをしていたという場合、障害基礎年金と障害厚生年金を合算してもらえます。
また障害基礎年金は1級と2級しかありませんが障害厚生年金には3級まであります。
他に結婚している場合、配偶者に対しての加給もあります。
支給額は報酬比例方式になっていて給与を基に算出されます。
 
支給の対象となる障害は眼、聴覚、鼻、言語機能、肢体の障害などさまざまあります。
1級と2級の違いは日常生活を他人の介助を受けなければまったくできないか少しはできるかなどです。
活動範囲が寝室だけ、家の中は動ける等の違いがあります。
 
具体的な障害がどんなものがあるのか例を挙げてみます。
1級に認定される障害には両方の上肢のすべての指が動かなくなる、指の切断なども該当します。
上肢とは腕や手のことを指します。
 
障害年金の請求手続きは自分の住まいの近くの年金事務所へ行くことになります。
年金手帳、戸籍抄本など医師の診断書や受診状況等証明書も重要です。
共済組合に加入している場合は年金加入期間確認通知書などほかにもいろいろと必要書類が多数あります。
配偶者や子どもがいる場合も家族の戸籍謄本、住民票、収入に関する証明書も必要です。
 
すべての提出先は年金事務所です。
まずは平塚の年金事務所の場所や連絡先の電話番号を調べるところから始めましょう。

手続きの進め方等も当事務所でサポート致しますので、お気軽にご連絡ください。
怪我や病気等で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中 障害年金の専門家があなたのお宅に伺います
無料相談会 ご予約受付中!

西湘・小田原障害年金相談センターが選ばれる7つの理由

  1. 1
    相談料0円!受給が決まらなかった場合、当センターへの報酬はいただきません
  2. 2
    小田原駅徒歩4分好アクセス!神奈川全域からご相談いただいております!
  3. 3
    男女どちらの専門家にもご相談可能です!
  4. 4
    全国40以上の障害年金の専門家が集まる全国ネットワークのノウハウでサポート!
  5. 5
    ケガや病気で来所できない方へ無料訪問サービス!ご自宅に訪問いたします!
  6. 6
    新聞やメディアへ掲載実績多数
  7. 7
    スタッフの丁寧対応であなたの申請をサポートいたします!

行政書士・社会保険労務士 あじさい法務事務所の理念

行政書士・社会保険労務士 あじさい法務事務所

Vision. どこに向かい何のために働いているのか

介護・医療・知識社会

・介護と医療と地域を結ぶ輪となり
・利益を生み、雇用を生み
・社会の発展に貢献する

Vision. 仕事を通じて達成したいこと

・働いている人が幸せになる場をつくる
・働けなくなった人が安心して暮らせる場をつくる

Vision. 迷った時には、このように考える

迷った時には、このように考える

・一寸先は光。だからこそ今を大切に生きる
・勇気を持って一歩を踏み出す
・学び続けることがいつか価値を生む
・固定観念を捨て、想像力で拾う
・自分も相手も特をする方法を考える

代表メッセージ

代表

この度は、当ホームページで出会えた事を感謝致します。

私自身が過去に病気を経験し、働けなくなることに対する不安を抱いたことから、皆様のお力となるため西湘・小田原障害年金サポートセンターを立ち上げることとなりました。

障害年金は障害を負われてしまった方に対して所得保障を行うことにより、本人やご家族の将来的な不安を和らげることが可能な、とても重要な年金制度です。ですが、年金の中でも障害年金は複雑な制度であるため、途中で手続きをあきらめてしまったり、申告方法が分からず全く手をつけることができなかったりと本来の「障害年金制度」の役割を果たしきっておらず、受給できるはずの多くの方々に対して行き届いていないというのが現実であると感じています。

病気やケガを治すことは主治医の先生を信頼し相談して下さい。障害年金の申請で不安を感じたり、わからないことがあったりしたときは、すぐに専門家に相談して下さい。それが家族の経済的負担の軽減となり、精神的安心感となって皆様を支えることが出来ると信じております。

病気やケガが平癒し、皆様がいつの日か元気に働くことが出来る日が一日でも早く来ることを願っております。

社会保険労務士 あじさい法務事務所 高橋 鋭人

  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金案内
  • 相談の流れ
  • アクセス
障害年金無料相談受付中

アクセスマップ

神奈川県小田原市栄町2-7-25

よくある質問

Q.昔、病気にかかっていたことがあれば、必ず遡及できますか?

A.はい。遡及できる可能性もあります。ただし、当時の診断書やその他病院にかかっていた証明がなければ、遡及できません。もし、診断書や証明できるものがあれば、訴求できる可能性もあるので、お問合せ下さい。

Q.何歳でも請求できるんですか?

A.いえ、65歳になる前にかかった病気や怪我が対象です。ただし、よく勘違いされることがあるのですが、20歳前にかかった病気や怪我(先天性のものも含む)も対象になる可能性があります。もらえるのに知らずに申請していない方もいますので、対象になると思われたら、一度お問合せ下さい。

Q.20歳前の病気で保険料を収めていないのですが、私はもらえるのでしょうか?

A.20歳前の病気や怪我に限っては、保険料をおさめていなくても対象になります。

詳しくはこちら