小田原で障害年金の相談なら 西湘・小田原障害年金センターへ

統合失調症で障害基礎年金2級、総額約400万円受給できたケース

相談者:女性 (20代)

職業: 無職

傷病名: 統合失調症

決定した年金種類と等級: 障害基礎年金2級 / 5年遡及

請求の種類:20歳前請求

相談時の状況

統合失調症などの精神病は障害年金の対象になるのかというお問合せをいただき、出張相談会を行っていたのでお母様とご一緒に来ていただきました。

お母様からみた病状と、本人が思っている病状とでは少しズレがありました。精神病の方はお一人で来られるより、普段の生活の状態や様子がわかるご家族の方とご一緒に来ていただいた方が様々な日常生活の状況が分かります。ご本人の感じている病気の様子と、家族からみた様子は違っていることが多いのです。またご家族からもお話を伺う事で、いかに日常生活が一人で送れていないのかという基準が分かるため、出来るだけご家族とご一緒にお話を伺う事が大切なのです。

依頼から請求までのサポート

発症は中学生の頃でした。20歳前が初診日なので、初診日証明は20歳の誕生日前後で取得する事となります。まずは病歴の整理に苦労しました。10年以上前でしたので、記憶も曖昧でした。ご本人やお母様の記憶と実際の病歴は錯誤しており、ひとつひとつ確認しながら書類を集めていきました。障害年金の申請では医師の診断書が重要となります。医師との関係は良好でも、普段の辛い事、日常生活で支障のある事などしっかり伝えきれていない事が非常に多いのです。

しっかりヒアリングをし、面談時にお話した内容をぜひ医師に伝えて下さいとアドバイスした結果、納得のいく診断書をもらう事が出来ました。

結果

障害基礎年金2級(年間支給額約78万円)を取得、5年間の遡りが認められ、総額約400万円を受給出来ました。

精神病の場合、入院・退院がある場合はしっかりと病歴・就労状況等申立書で記載する事が重要です。また転院を繰り返している場合も同様です。どれだけ病状が改善せずに、辛かったか、戦ってきたのかを伝える事が大切なのです。

この相談者様は受給した障害年金は治療に専念するために、前向きな気持ちでもらいたいとおしゃっていました。社会復帰の第一歩として受給し、無理のない範囲での就労をする事を目標に頑張られておられます。

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会 ご予約受付中!
障害年金無料相談受付中
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金案内
  • 相談の流れ
  • アクセス
怪我や病気等で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中 障害年金の専門家があなたのお宅に伺います