小田原で障害年金の相談なら 西湘・小田原障害年金センターへ

統合失調症で障害基礎年金2級、年額約78万円受給できたケース

相談者:女性 (50代)

職業:仕事は退職され無職

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

請求の種類:事後重症請求

相談時の状況

ご本人よりお電話をいただきました。

入院中であったため、病院へ伺い、病院にて面談を行いました。
担当のソーシャルワーカーさんにも同席してもらいお話を伺いました。

体調の優れている時を選んで訪問したこともあり、多少の気分の沈みは見受けられましたが、お話は出来る状態でした。

依頼から請求までのサポート

私どもに依頼する前に、ご自身で申請しようと色々と資料を揃え、準備をしておられました。

しかし障害年金の様々な資料収集に書類集め、自身の病歴をまとめるなど自分で申請する事に限界を感じたそうで当事務所にお願いをしたいと相談されました。

面談時には比較的症状は軽く、会話もある程度出来ておられましたが、後日お電話した時の様子が面談時の時と違っていたり、感情の起伏が激しいことを目の当りにし、こういった状況をきちんと医師に伝えているかどうかを中心に、ヒヤリングしました。

また転院歴も多く、様々な病院に行かれていたので、一つ一つ確認しながら、書類を集めました。ご本人も忘れていた病院の受診歴が診断書に書かれており、またその病院に戻り書類を書いてもらうといったことを根気よく何回か繰り返しました。

入院はしていましたが、ちょうど診断書を書いてもらう時期に退院に向けて動いていた事も重なり、ご本人の意思とは違う、症状が軽めの診断書となりました。

診断書の訂正を依頼するのは難しい状況であったため、病歴申立書という障害年金申請の中で唯一本人の意思を伝える事が出来る書類で、どれだけ日常生活に支障があるのか、就労が困難であるのかを中心に訴えました。

結果

精神疾患の方の場合、多少でも就労が出来ている、または一人で暮らすことが出来ているなどの状況で判断されてしまう傾向が他の傷病より強いのが現状です。

また通院に行かれる時は、たまたま病状が良い時であったりするために、本当に具合の悪い時の病状を担当医に伝えきれていない方が本当に多いのです。

そのことが良く分かったのが今回の診断書でした。

入院をされていたので、病院内では看護師の指導のもと規則正しく日常生活を送れているように見られます。

病院にいるので病状は落ち着き、何もしなくても食事は出てくる、薬は忘れずに飲めます。
退院して看護師の指導がなかったらどうなるかという点を全面に病歴申立書で訴え、受給できた事例となりました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会 ご予約受付中!
障害年金無料相談受付中
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金案内
  • 相談の流れ
  • アクセス
怪我や病気等で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中 障害年金の専門家があなたのお宅に伺います