慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者女性 (40代)
傷病名慢性腎不全(人工透析)
決定した年金種類と等級障害厚生年金2級
請求の種類-
--

相談時の状況

  • ・人工透析の治療で週3回透析をしていた
  • ・働いていたので午前中に治療に行き、午後出社を繰り返していた。帰宅後は心身ともに疲

依頼から請求までのサポート

  • ・初診日が20年前と古かったため、カルテが廃棄されていた
  • ・諦めず調査したところ、今通っている病院のカルテに最初に通っていた病院からの紹介の状況が記載されていた
  • ・更に会社の健康診断の結果を今お勤めになっている会社から入手することができた
  • ・上記の他、様々な資料を集めた
  • ・医師に診断書の記載依頼をし、簡潔に審査官に状況が伝わるよう申立書を作成した

結果

・障害厚生年金2級の受給が決定した

  • 今回のように初診日が古く、カルテが残っていないのでどうしようもないと諦めてしまう方もいらっしゃいます。しかし、経験豊富な専門家に相談すれば解決できることもあります。同じように悩まれている方は、まずは当センターの無料相談ダイヤルへお電話ください。
error: Content is protected !!